お金で買うリンクについて思うこと

2011年05月28日

[リンク] ブログ村キーワード

昨日も、とあるネット系企業さんから売り込みの電話。

今回は広告掲載ではなく、SEO対策のサービスでした。



ふぅ〜



内容についてはガードが堅く、あまり聞き出せなかったんですが、要約すると、


・500サイトからの被リンク

・希望キーワードでの検索上位表示
(上記の被リンクの結果で)

・効果が少なければ被リンクを追加

・500サイトの内容はリンク先の業種ごとに違う

・月額15,000円程度


という感じです。



ま、「有料リンク」ってことですね。

お金でリンクを買うわけです。

当然解約すれば被リンクも消えます。




管理人は今のところ「有料リンク」には手を出していません。

効果はある場合もありますし、ない場合もあるでしょう。

お値段も個人ピアノ教室としては、ちょっと高いとは思います。




でも問題はそんなとこじゃないんですよね。




従来まで検索エンジンのシェアはGoogle、Yahoo!で70%でした。

しかしご存知の通り、昨年末にYahoo Japanは自社の検索エンジンYSTを捨てて、Googleを採用しました。

実質、今はGoogleの天下です。




そのGoogleのポリシーが、お金で検索結果を操作する行為を見逃すわけがない、と思っているからです。

お金でリンクを買い、検索上位に表示されることを許せば、資金力のある者だけが生き残ることになってしまいます。

資本主義社会ですから、それでいいような気がしなくもないですが、Googleは「検索ユーザーにとって有益なサイトを上位表示したい。」と考えているようです。




有益なサイトとは、「専門性の高いオリジナリティーのある豊富なコンテンツがあり、多くの人に支持されているサイト」ということになります。

わかりやすいですよね。




そして「みんなに支持」されれば、結果として被リンクが増えていくはずです。

人に紹介したくなるようなコンテンツであれば、みんな自然とリンクしてくれます。




しかし多くの場合、「オリジナルコンテンツ」を「豊富」に掲載し、「みんなに支持される」のは、容易ではありません。

また、みんな面倒くさいので、なかなかリンクしてくれなかったりします。

自然にリンクが集まるには、時間も必要となります。




そこで「お金で解決してやれ!」っていう考え方が出てくるわけです。

極端な場合、「内容はないけど、リンクはたくさん集めたい」ってケースもあるでしょう。

たった数ページの会社案内的な内容しかない企業サイトでも、リンクさえたくさん集めれば上位表示ができる、ってなると、不埒な考えも出てきます。




そう「お金でリンクを買う」って行為です。

そして同時に「有料でリンクを売る」人たちが登場してきますよね。




これをGoogleをはじめ、検索エンジンは嫌うわけです。

できるだけ検索結果から排除しようとします。

当然ですよね。

検索結果の質が低下してしまう恐れがあるからです。




検索エンジンにとって、検索結果の質は商品の質、サービスの質です。

自社の商品・サービスの質を高めようとするのは、どんな企業でも当たり前のこと。




商品・サービスの低下を招くような行為は、徹底的に排除しようとするはずです。

有料リンクは、今は効果があっても、いつかペナルティーを受けると思います。

Googleは安易に近道しようとする行為を見逃しませんし、実際そうしてきてます。




だから有料リンクには手を出さないようにしてるんです。

わざわざお金払ってるのに、ペナルティーを受ける可能性があるなんて、とてもリスキーです。




またこれは管理人の個人的な憶測ですが、

中古ドメイン」も必ず標的にされると思います。

だってこれも「お金でドメインパワー」を買う行為ですもん。

ドメインパワーの大半は、やはり被リンクなんです。




「中古ドメイン」みたいにわかりやすいものないですよね。

Googleには簡単に見破られるはずです。




まあ、なんにしても、

お金で検索結果上位表示を買うという行為は、リスクが伴うと思っておいたほうがいいでしょうね。




多くの方が言っておられるように、最強のSEO、王道のSEOとは、

サイトの内容の充実

これです。



では ^ ^)/~

ランキング参加中!応援ポチお願いします。ヾ(*´∀`*)ノ♪

にほんブログ村 デザインブログ Webデザインへ 人気ブログランキングへ
このブログの目次
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

URL(任意):

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。