正しいHTML文法とSEO

2011年09月10日

[html] ブログ村キーワード

ホームページを作るには
HTMLというマークアップ言語を使います。


HTML自体は、
プログラム言語などと比べると、
そう難しいものじゃないんですが、

「正しい書き方」
というものが存在します。


原則的にHTMLの文法は、
決められたとおりに
正しく記述しなければならない、

とされているんですよね。


間違ってたり、ズルしちゃダメなんです。



ところが、

IEやChromeなどのブラウザは、
少々HTML文法が間違ってても、
ある程度普通に表示してくれるんです。

ありがたいですよね〜。



それでもHTML文法は
正しくあるべきなんです、
原則的には。



しかし


厳密にHTML文法を守ろうとすると、
いろいろと困ったことが起こります。


HTML文法のチェックは
Another HTML-lint gateway(もう有名ですよね)
を使えば簡単にできるんですけど、
修正に時間がかかることもしばしば。


厳密であろうとすればするほど、
時間がかかりますし、手間もかかります。


ちょっとしたミスや、
文法違反が気になってしまい、
それに時間と手間を費やしてしまいます。

疲れるんです、これ。




しかしその反面、
これからのSEOはコンテンツ重視。


サイト内に有益なオリジナルコンテンツが
たくさんあるサイトが有利になってきます。


できれば毎日、
ページを増やしていったほうがいい、
とまでいわれています。




ブログじゃないですよ、
普通のホームページの話しなんです。



このSEOに良いとされる、
有益なページを毎日増やしていくとき、
厳密なHTML文法というのが
足かせ
になってくるんです。



毎日記事を追加していくには、
やっぱりどこかで効率化を図らないと、
ただただ作業だけが増えます。


とくにHTML文法のチェックは
簡略化したい作業の筆頭になってくるんですよね。




管理人は作業スピードを重視してよく
<PRE>〜</PRE>
というHTMLタグを使うんですが、

この
<PRE>〜</PRE>
の間には文字以外の要素は
入れてはいけないことになっているんです。


画像やテーブル、リストなんか
入れちゃダメなんです。



でも入れます。

そのほうが圧倒的に早く
ページを作れるんからです。



当然、先ほどの
Another HTML-lint gatewayで
チェックすると、
エラーエラーエラーの大減点なんです。



でも
それでもいいと思ってます。



だって厳密に正しいHTML文法を書くために、
ホームページを作ってるわけじゃないからです。


良い記事をアップして、
検索エンジンに素早くインデックスしてもらい、
サイト全体の評価を上げて、

そしてホームページを通じて、
利益を上げるためにやってるんですから。




SEO>>>「壁」>>>HTML文法
です。


HTML文法原理主義の方からみれば、
眉をひそめるような話しですが。



ただサイトのメインとなる固定ページ、
特にトップページなどは、
正しいHTMLになるようには
しているつもりです。

逆に日々追加していくページは
エラー覚悟で簡略化して作るって感じです。

(もちろん、表示に支障がでないようには最低限します。)




GoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏も、

僕たちは、(W3C標準に)準拠しているからといって、ウェブページの順位を上げるようなことは何もしてない。ウェブにある大多数のページは、準拠してないからね。

と言ってますし。

GoogleのHTML文法が間違っている理由、HTMLの正しさにランキングは無関係|海外SEO情報ブログ



ま、目的に応じて最適化する
ってことですかね。



では ^^)/~

ランキング参加中!応援ポチお願いします。ヾ(*´∀`*)ノ♪

にほんブログ村 デザインブログ Webデザインへ 人気ブログランキングへ
このブログの目次
 
| Comment(0) | SEO | はてなブックマーク - 正しいHTML文法とSEO
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

URL(任意):

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。