JTrimを使って画像の一部を切り抜き(トリミング)

2013年01月29日


ども、ピアノ教室管理人です。


JTrim
フリーの画像編集ソフト「JTrim」を使って画像の一部を切り抜き
いわゆるトリミングの方法です。


画像の必要な部分だけを使いたいときや、
縦長の画像の一部を切り抜いて横長にして使いたいときに便利です。




トリミング(切り抜き)したい画像をJTrimで開いておく


JTrimで画像を開いておく

今回のサンプル画像は、ルノアール(Pierre-Auguste Renoir 1841-1919)の
「ピアノの前のカテュール・マンデスの娘達」(1888)を使います。^^


ルノアールらしい美しく可愛らしい絵画なんですが・・・

なんだか縦長でブログには使いづらいので、トリミングして横長の画像にしちゃいましょう!
(巨匠に失礼だとか言わないで ^^;)




切り抜く範囲を決める


画像の切り抜く範囲の始点

まずマウスを使って、画像の切り抜く範囲を指定しましょう。


切り抜きたい部分の左上にマウスカーソルを合わせ、
左ボタンをクリックしたままにします。

(※始点は左上、右上、左下、右下、どこでもOKですよ。^^)


マウスの先端
するとマウスの先端に小さな点が4つ現れます。


そのままマウスの左ボタンをクリックしたまま、
右下にマウスを動か(ドラッグ)します。


すると・・・


四角い枠線

マウスの動きに合わせて四角い枠線が現れましたね。


そのまま切り抜きたい範囲の右下までマウスを持っていきます。


切り抜き範囲

だいたいの位置に来たらマウスの左ボタンから指を離してください。


切り抜き範囲はこのあと微調整できますから大丈夫ですよ。




切り抜き範囲を微調整しよう


画像の切り抜き範囲を調整するには、
マウスカーソルを枠線の四隅のどれかに持っていきます。


マウスカーソルを四隅に

枠線の右上の四角いマークにマウスカーソルを合わせると、
マウスカーソルが斜めの双方向矢印に変化します。


マウスカーソルが斜め双方向矢印に
▲拡大したところ

枠線の隅の四角いマークの上で
マウスカーソルが斜め双方向矢印に変わっているのがわかります、よね?


この状態でマウスの左ボタンを押した(ドラッグ)まま、
マウスを動かして切り抜き範囲の枠線を微調整していきます。


切り抜き範囲の枠線の四隅だったらどこも同じなので、
四角いマークのところへマウスカーソルを持っていって切り抜き範囲を調整してください。




ちなみに


JTrimのウインドウの右下
▲右下に注目

JTrimのウインドウの右下に表示されている数値を見ると、
切り抜き範囲のサイズなどが正確にわかるんですよ。


切り抜き範囲の数値

左から

  1. 現在のマウスカーソルの座標位置(横位置 , 縦位置)

  2. 今選択している範囲のサイズ(横サイズ x 縦サイズ)

  3. 画像のサイズ(横サイズ x 縦サイズ)

となっています。


切り抜き範囲調整の参考にしてみてください。




切り抜きの実行


画像の切り抜きたい範囲がしっかり定まったら、
切り抜きを実行してみましょう。


切り抜き実行

もっともカンタンな画像の切り抜き方は
JTrimのツールバーにある「切り抜きアイコン」をクリックするだけです。


JTrimツールバー
▲ツールバーを拡大したところ


切り抜きアイコン ←このアイコンをクリックするだけで切り抜きOKです。




もしくは


JTrimのメニュー

JTrimのメニューから
[イメージ] → [切り抜き]
を選択します。


[イメージ] → [切り抜き]
▲[切り抜き]を選択


これで画像の選択した範囲が切り抜かれます。





画像の一部の切り抜き完了!


画像の切り抜き完了

これで画像の選択した範囲が切り抜かれて、
元の縦長の画像が横長にトリミングされましたね。




画像を切り抜いた後、
必要であれば縦横サイズの変更(リサイズ)などを行い、保存して終了です。


JTrimによる画像の切り抜きはとってもカンタンで使える機能なので、
是非チャレンジしてみてくださいね。


フリーの画像編集ソフト「JTrim」はコチラから無料でダウンロードできます。
窓の杜「JTrim」


でわ ^^)ノシ

ランキング参加中!応援ポチお願いします。ヾ(*´∀`*)ノ♪

にほんブログ村 デザインブログ Webデザインへ 人気ブログランキングへ
このブログの目次
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

URL(任意):

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。