JTrimでの写真の明るさや色味の調整方法その2 - コントラストで明暗クッキリと

2013年02月12日


ども、ピアノ教室管理人です。


前回に引き続き、フリーの画像編集ソフト「JTrim」を使った
写真の明るさや色味の調整方法その2をご紹介したいと思います。


前回はJTrimのガンマ補正で写真全体の明るさを底上げしましたが、
まだ明暗の差が少なくて相変わらず眠い写真のままでした。


今回はその眠さ解消のためにコントラストの調整を行なって、
明暗のクッキリしたハッキリ画質にしていきたいと思います。



前回ガンマ補正を行った後の状態です


jtrim-gamma_correction10.jpg

ガンマ補正で明るさの底上げを行いましたが、
まだ眠たい画質のままで終わっていました。


画質が眠い原因となっているのは、
写真内の明るい部分と暗い部分の明暗の差が少なくて、
全体的にノッペリしているからですね。




JTrimの明るさ/コントラストで明暗の差をつけましょう


jtrim-contrast01.jpg

JTrimのメニューから
[カラー(C)] → [明るさ/コントラスト(B)...]をマウスカーソルで選択してください。


jtrim-contrast02.jpg
▲[明るさ/コントラスト(B)...]を選択


すると・・・


jtrim-contrast03.jpg

「明るさ/コントラスト」のウインドウが開きます。


jtrim-contrast04.jpg
▲「明るさ/コントラスト」ウインドウ




コントラストの数値を調整しよう


jtrim-contrast05.jpg

「明るさ/コントラスト」ウインドウでは
  • 明るさ

  • コントラスト

という写真の画質に関わる2つの項目を調整することができます。


ですが、今回は上記赤枠のコントラストだけを調整します。


赤枠内にあるスライダーをマウスで動かすか、
あるいは数値を入力してコントラストの調整値を決めていきます。




jtrim-contrast06.jpg

今回は「30」に設定してみまた。




ちなみに


jtrim-contrast10.jpg

コントラストのスライダーを左に動かしたり値を小さくすると、
明暗の差がますます少なく、どんどん眠くて灰色がかった写真になります。


jtrim-contrast11.jpg

またコントラストのスライダーを右に大きく動かし値を大きくすると、
明暗の差がキツくなり、ギラギラした写真になっていきます。


jtrim-contrast07.jpg

この辺は実際の写真に合わせて、
プレビューを見ながら程よい塩梅に調整してくださいネ。^^




jtrim-contrast08.jpg

コントラストの値が決まったら「OK」をクリックして決定します。



jtrim-contrast09.jpg

これでコントラストの調整は完了になります。




元写真と比べてみましょう


ここまでの写真調整の成果を見比べてみましょう。


sample02.jpg
▲元画像



sample03.jpg
▲ガンマ補正後



sample04.jpg
▲ガンマ補正 + コントラスト調整の後


いかがでしょうか?

少し眠さが解消されて、クッキリした写真になっているのではないでしょうか。




さて、この写真ですが、
いかにも「青白い蛍光灯」の下で撮影された感じがしませんか?


青白い照明で撮影された写真は少し冷たく感じるんですよね〜。
(´ヘ`;)ウーム…




というわけで次回はその辺りを調整して、
少し暖か味のある写真にしてみたいと思います。


JTrimでの写真の明るさや色味の調整方法その3 - RGBの調整で暖か味のある写真にへGO!! ^^)/~




フリーの画像編集ソフト「JTrim」はコチラから無料でダウンロードできます。
また今回のサンプル写真は「写真素材 足成」さんからお借りしました。



ランキング参加中!応援ポチお願いします。ヾ(*´∀`*)ノ♪

にほんブログ村 デザインブログ Webデザインへ 人気ブログランキングへ
このブログの目次
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

URL(任意):

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。