お教室のホームページの傾向と対策

2012年05月12日


4月28日のお教室運営1Dayセミナーの受講者特典に
「サイト無料診断」をつけていたんですが、
ひと通り診断が終わってほっと一息。




ども、ピアノ教室管理人です。


「サイト無料診断」はブログかホームページか
どちらか一方だったんですが、

いろいろ見ていくうちに
共通する傾向が見えてきたんで
ちょっとここにまとめてみたいと思います。


サイト運営の基本の参考になればと。^^


ホームページの傾向


お教室のホームページには
以下のような傾向がありました。

HTMLの記述にエラーが多い


軽度で少量だったらいいんですが、
かなり重症なエラーが多発してるんですよね。


Another HTML-lint gateway
マイナス何百点とかになっちゃってますから。


無料のホームページテンプレートや
古いホームページビルダーなどで作った時点で
エラー含みのままなんです、きっと。


【対策】
手作業になっちゃいますけど、
重度エラーから順番に
コツコツと潰していくしかないですね。



重要タグの記載に問題がある


<title>タグや<meta name="keywords">、
<meta name="description">、それに<h1>タグといった
SEO上重要なタグに不備が多いんです。


全ページ共通とか、トップページにしかない、
あるいは全然使っていないといった、
検索エンジン対策上致命傷になっちゃうくらいの様相です。


【対策】
そのページの内容にあった記述で
すべてのページでしっかり記載しておきましょう。



サイトのボリュームが不足


ほとんどのホームページが10ページ以下で、
中には5ページ程度っていうことも。


さらに「お問合せ」「アクセス」「リンク集」など
サイトのテーマに関係ないページを差し引くと、
危険なくらいボリュームが足りなくなるんです。


ペラサイトとまではいきませんけど、

サイトテーマに沿ったメインコンテンツが
トップページを合わせて2〜3ページしかないとか、
本当に内容が薄いサイトになっちゃいますよね。


【対策】
せめて30ページくらいまでは
ガンバって増やしていきましょう。

もちろんサイトテーマから外れないようにね。



キーワードという意識がない


これはSEOという視点がないと
なかなか難しいと思うんですが、

でも、ちょっと意識するだけでも
かなり良くなるんですよね。


上記の重要タグや本文の中、
メニューなどの内部リンクなど、

キーワードを意識するだけで
ググっとSEOの効果がよくなるんです。


【対策】
自分のホームページで一番重要なキーワードと、
それぞれのページで一番重要なキーワードを
しっかり書きだしてみましょう。



被リンクが極端に少ない


Googleが被リンク数を見せてくれないので、
正確なところはわかりませんが、

でも、
明らかに被リンク数が少なすぎるんです。


よくて10本。
ヒドイと1本(ご自分のブログから)。


ほとんどのホームページで
ひと桁の被リンクしかないんです。


SEOにおける被リンクの重要度って
今でこそだいぶ下がってはきていますが、

これではちょっと戦えません。^^;


【対策】
セミナーでお伝えした方法を参考に、
被リンクを増やしていってくださいね。



業者任せだと愛がない


今回は1件だけでしが
ホームページ制作業者が作ったサイトもありました。


確かに見た目はよく出来てますよね。
(明らかに業者感はしますが。)


でもソースをよく見ていくと、
そこには愛がない!!


重要タグとか確かに全ページ記載されてるけど、
使い回しばっかりなんですよね〜。


面倒くさくなったのか、
とにかく愛が感じられないんですよ〜。


【対策】
ちゃんと自分で確認しましょう。




というわけで、
今回はホームページ編をお届けしました。


長くなったので
ブログ編は次回にご紹介します。



でわ ^^)/~続きを読む >

ランキング参加中!応援ポチお願いします。ヾ(*´∀`*)ノ♪

にほんブログ村 デザインブログ Webデザインへ 人気ブログランキングへ
このブログの目次
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。